電話占いを効果的に利用するにはどうしたら良いのか


どのような悩みであっても自宅にいながらにして占ってもらえる電話占いは、周囲に人がいる状態で行う対面式占いでは相談しづらい内容であっても気兼ねなく相談可能です。しかし、占い鑑定中に気持ちが高ぶってしまうと脱線してしまいがちであって、悩みの解決方法として電話占いを有効活用する方法を知っておく必要があります。では、電話占いにより効果的なアドバイスを得るためには、どのようにすれば良いのでしょうか。

相談内容に強い占い師を電話占いサイトに紹介してもらう

電話占いサイトの良し悪しを決めるポイントは占い師のみと考えがちですが、実際にはコンシェルジュと呼ばれる案内人が果たす役割が重要です。なぜなら、あらゆる相談に強く人気の占い師ほど予約が取れずに相談しづらい状況となりやすいからです。そこで、相談内容に強い占い師を電話占いサイトのコンシェルジュから紹介してもらえば、自分で占い師のプロフィールを吟味してうっかり合わない占い師を選択する間違いを減らせます。電話占いサイトのコンシェルジュは、占い師に関するフィードバックデータを参照できる立場にあるので、どの相談内容に対して誰が占い師として適しているのか十分に把握しているわけです。そして、コンシェルジュに対して占い師選びを相談することは、無料で行えるからこそ占い師選びを相談しないことがいかに勿体ないことか分かります。

相談内容を事前に整理しておくことでアドバイスを得やすくなる

悩んでいる内容を簡潔に相手に伝えるためには、事前に占ってもらいたい相談内容を自分の中で整理しておかなければなりません。対面式占いとは異なり電話占いならば、通話自体を録音して後から聞くといった方法も行えます。また、メモを用意しておいて占い鑑定結果を随時埋めるといった方法で悩みを解決するアドバイスを得ることも可能です。電話占いを有効活用するためには、何度も同じ質問をしてしまわないようにするためにも、何に対して悩んでいてどのような鑑定を希望するのか事前に整理しておくことが重要と考えられます。電話占いではハンズフリー通話も行えるので、占い師が目の前にいる対面式占いとは異なり、スペースを気にせず相談内容に対するアドバイスを手持ちの資料に次々と書き込んでも構わないわけです。聞き漏らした部分は後から録音で拾えば良いので、1回の占い鑑定で聞き漏らしを防ぐことが重要です。

同じ相談内容を2人の占い師で鑑定してもらえば納得しやすい

人生にとって特に重要な分岐点となる事柄については、医療の世界にセカンドオピニオンが存在するように、占い鑑定を複数の占い師へ相談しても構いません。同じ相談内容であっても整理した上で別々の占い師へ個別に鑑定依頼すれば、互いの占い師は他の占い鑑定結果を知らないので客観的なアドバイスをしてもらえます。悩みに対する解決方法を自分では見いだせないからこそ電話占いサイトでアドバイスを求めているので、複数の占い鑑定結果があっても最終的にどちらのアドバイスを参考にすれば良いのか自分で決められます。1つの物事に対して2つの見方があっても不思議ではないように、占い鑑定結果が占術式や占い師により違いが出てもごく自然なことです。もし同じ占い鑑定結果が出たならば、迷わずに自信を持ってアドバイスを受けられられるはずです。また、異なる占い鑑定結果が出た時には、なぜ違いが出ているのかじっくり考える切っ掛けになります。選んだアドバイスを採用して行動に移した結果として失敗したならば、もう1つのアドバイスの通りに動けば良いので気分が楽になるはずです。自分では解決方法が分からないからこそ、電話占いによりアドバイスを得られたと考えれば、解決方法を複数提案してもらえたことが良かったと考えられるでしょう。

オススメの電話占いをお探しなら
電話占いランキングはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする