最近人気の電話占い、その効果は?


ここ数年で、その需要を一気に伸ばしてきた感のある電話占いですが、なぜここまでの人気につながったのでしょうか。ここではその理由やメカニズムについて、掘り下げていきたいと思います。

・電話占いとは
まず、電話占いを知らない方もいると思うので、簡単に説明しておきたいと思います。電話占いとは、電話を通じて占いをしてもらうという、文字通りのサービスになります。利用者は対価を支払うことで、プロの占い師さんから質の高い鑑定を受け、そこから悩み解決に至ります。電話占いの一番のメリットは、この「電話を通じて占いをしてもらえる」というところにあります。先ほど、なぜ電話占いはここまでの人気につながったのか、と問題提起しましたが、まさにこの点が、筆頭的な理由となるでしょう。何か悩み事に直面した時、電話一本で信頼できる占い師さんにつながる。これほど心強いことがあるでしょうか。皆さんもご経験があると思いますが、何か悩み事が発生した時って、それはそれはつらい時間を過ごすことになりますよね。人に相談できずに、あれこれと頭の中で悩み続ける・・。これが、軽度の悩みであれば、友達や家族に愚痴を聞いてもらってさっぱりしますが、重度の悩みの場合にはそういうわけにはいきません。悩みを相談しようという気にもなりません。重度の悩みというのはそういう性質を有しているのです。各メディアでは、「悩み事は抱えずに相談しよう」みたいなことをよく言っていますが、実際にはそんな心境にはなかなかなれないのです。それが悩みなのです。相談できないから悩んでいるのです。「ねえねえ、聞いて」みたいな感じで簡単に相談できるような悩みは、もはや悩みなどではありません。

・電話占いだからこそ相談できる
身近な人物だからこそ、相談できない、ということがよくあります。この心理の根底にあるのは、相手に心配をかけたくない、ということです。例えば、思春期真っただ中のお子さんが、学校でいじめられているとして、それを親にはすぐに相談できないということがありますが、これはまさに前述した、相手に心配をかけたくないという心理からくるものです。または、自分のダメなところ(本当は全然ダメなことなんてないんですが)を見られたくない、ということもあるでしょう。親側からすれば、どんなことでも相談してほしいと願うものですが、当人からすると、なかなかそのような心境にはなれません。ほかにも、職場でパワハラを受けている、セクハラを受けているなどといったことも同様です。このように、悩みというのは、身近な人物には相談しずらいという側面があるのです。こういう時に、電話占いは、非常に役立ちます。家族や友人とは違い、身近な人物ではないため、心配をかける心配がありません(ちょっと変な日本語になってしまいましたが・・)。相手はプロの占い師であり、こちらの悩みに対して真摯に対応してくれます。スピリチュアルなパワーと、これまでの人生経験、そして、質の高い鑑定によって、利用者が今後どうすべきなのか、そしてそこに待つ未来はどのようなものなのか、といったことを具体的に伝授してくれるのです。電話一本でね。

・まとめ
利用者は、もろもろのストレスから解放され、自分のことを思う存分ぶつけることができるでしょう。それもまた、悩み解決には必要不可欠なことです。相談する過程で、自分自身が悩みに対して真摯に向き合っている証拠であり、気持ちの整理をすることができるからです。また、対価を支払っている、ということも、問題解決に向けた本気度の現れでもありますからね。このようにあらゆる角度から見てみても、電話占いというサービスは、現代に合ったサービスであり、だからこそここまで人気を獲得しているのです。今後その需要はますます高まっていくことでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする